組合員さま(ご契約の方)の声

HOME > 組合員さまの声

※ご本人さまの承諾・同意を得て掲載しています。

総合共済

教職員共済は、総合共済と自動車共済を利用しています。
総合共済は月900円の掛金です。
何となく支払っていただけですが、2011年の東日本大震災の時は簡単な手続きで見舞金を受け取り、とても助かりました。
変な言い方ですが、得した気分でした。入っていて良かったです。おすすめします。
(東北大学 女性)
日曜日に道路を隔てた畑へ自宅からホースで水まき中でした。
その時、荷物配達中のバイクがホースにつまづき転倒して、運転者は側溝に投げ出され、鎖骨骨折の重傷を負われ救急車で病院へ運ばれました。
配達の方が搬送された病院事務長から「あなたの過失が大きいので医療費はすべてあなたが責任持たないといけない」と詰め寄られました。
教職員共済に相談すると総合共済に加入していて、個人賠償責任補償が利用できるということでした。
大変苦しいときに助かったという思いです。
(佐賀大学 女性)
教職員共済は文部科学省共済組合員でない、非常勤の職員であっても、大学から直接給与が支給されている場合は加入できます。
東日本大震災で被災したときには総合共済で見舞金を受け取り、助かりました。
(東北大学 女性)

火災共済

賃貸アパートの家具の補償として、家財部分のみ火災共済に加入をしてきました。
そこへ東日本大震災です。
火災共済だから補償はないと思っていましたが、共済で半壊の認定を受け、見舞金を受け取ることができました。
震災後は何かと出費がかさみましたので、大変助かりました。
(東北大学 女性)
自宅の側の電柱に落雷があり、テレビは発火し、電話、プリンターなども壊れました。
このとき火災共済の家財契約をしていたので補償があり、損壊器具を買い換えることができて、助かりました。
(大分大学 男性)

レスキュースリー(交通災害共済)

一昨年、昼休みに大学近くの道路を歩いていて小路を渡ろうとしていた時に、不意に普通車が横切り、ふくらはぎを打撲しました。
打撲した箇所が痛み始め、整形外科に5ヶ月通うことになりました。
加害者は、悪びれた様子もありませんでした。
交通災害共済に加入していたため、通院でも給付してもらい助かりました。
(佐賀大学 男性)
pagetop